スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

個人通貨 思いつくまま


個人通貨… 思いつくまま

● 通貨に、一人ひとりの名前が付いている。
… Aさん発行の通貨でなく、Bさん発行の通貨なら、受け取ってもいいよ… というような選別が発生する。
… ネット社会の匿名性の弊害とは逆のメリットがある。その人の信用、個性に対する評価、地域への貢献に対する評価などが、ついて回る。
… もともと、地域社会は、このようなひとりひとりの個性をお互いによく見た上で成立している。カネさえ払えば、という考えは嫌われた。
… 逆にいえば、カネが無くても、おたがいの個性が見えて、それを受けとめた上で成立している地域社会では、比較的安心して生きていける。
… カネだけが頼り、という社会は、近代に生じた、かなり特殊な社会で、人類はもともと、カネが無くても、安全安心の中で暮らしていた。
… しかし、いまは、地域の「助けあいの網の目」が見えなくなっている。だから、個人通貨のようなもので、それを復活させる必要がある。


● 弱者はどうなる?
… 見て見ぬふりのできない人は、助けようとする。弱者の発行する通貨を受け取ろうとする。
… Aさん発行の通貨を、Bさんがよろこんで受け取りつづけたとする… BさんはたくさんのA通貨をため込む… それを見ているCさんは、自分も少しは助けようと思い、Bさんに何かを提供するとき、Bさんの持っているA通貨での支払を認める。


● 通貨を成仏させる
… AさんからBさんに支払が生じたとき、Aさんが持っていたB通貨で払えば、結果としてB通貨はBさんによって回収されたことになる。
… 回収されないまま、地域の中で流通し続ける、「人気者」通貨もあるだろう。
… 逆に、誰も受け取りたがらない「不人気」通貨もどこかにたまってくるだろう。
… ここで、ある特殊な口座を用意する。お地蔵さん口座と、神棚口座。
… 自分の持っている「人気者」通貨や「不人気」通貨を、お地蔵さんか神棚に預けてしまうことができる。そうすると、その通貨は、そこから戻って来れない。
… 自分の受け取った通貨(発行した人の感謝の気持ち)を、神仏に託すことになる。
… これは、大いなる、陰徳を積むことになる。発行者に対しても、地域に対しても。

● 紙幣のような、紙券で支払う
… その場でケータイやパソコンから支払ができないとき、借用書を書くようにして、支払約束書を書いて渡すこともあるだろう。
… 約束書をもらった人が、あとで、請求入力すれば、支払う人は、確認ボタンを押すだけで、支払は終了する。
… 確認の入力が遅れがちになることが多いので、本人以外のケータイやパソコンからも安心して入力できるよう、確認専用の(クッキーに記憶させない)ログインページを用意する。


(以上、思いつくままに)






スポンサーサイト

イベント会場での、ポイント支払い方法

ひとつのアイディアを、メモしておきたい。

Bノートで、イベント時は紙幣のようなカードを使ってポイント交換をしないと不便だろうと、今日もいろいろと考えた。イベント時以外だったら、書式自由の借用書というか、支払約束書というか、それで決済を済ませておいて、あとでインターネット上に登録する、ということも可能だと思う。しかし、イベントの時のような時には、一度にインターネットでの決済を済ませてしまいたい。今のところの結論は、自分のケータイから処理できない人には、ポイントを授受する現場にいるスタッフのケータイで処理すること。そのためには、「今日だけログイン暗証番号」のようなものを発行する、ということ。ちょっと技術的な話になるが、これはかなりおもしろいアイディアだ。地域通貨のインターネット決済のブレイクスルーになると思う。

イベント受付の時、希望者には、暗証番号を発行する。今日だけ、そしてイベントのスタッフだけの入れるページからだけ、その暗証番号が使えるようにする。(受付時の一回だけは、ユーザー本人によるログインが必要だけど、受付するときには、それは可能だろう。この場合のログインでは、クッキーに記憶させない設定にしておく。そして、ユーザーに対し、他人のパソコン、ケータイからログインするのは、パスワードを記憶に残してしまう大きな危険があることを、警告しておくべきだろう。)

そうすれば、自分のケータイを使わなくても、ポイント授受の現場にいるスタッフのケータイを借りて暗証番号を入れれば、指定した支払先にポイントを移せる。操作を終了したときは、ログアウトしたことをしっかり、ユーザーとともに確認するのが、スタッフのエチケットだ。




こんな提案書を作りました


http://g-farm.net/data/TAPteian2010-02-22.pdf

助けあいの関係づくりで、安全安心を

NPO法人・グループファーム協力会からのご提案です。
(個人、団体向けに、無償ご奉仕させていただきます。)


TAP(タップ・助けあい網の目ポイント)を使って
助けあいの関係を、目に見えるようにしよう



老後の不安、そして今後の、大量倒産、大量失業、食料不足などへの不安、こうしたときに、何に頼ればよいのか。たしかに、銀行預金も頼りになります。そのほかに、たよりになるものはありませんか?

お互いさまの助けあいの関係ですね。人と人との結びつきの網の目、その網の目の中に自分がちゃんと存在していること、それが、とても大切ですね。

しかし、お互いさまの助けあいの網の目といっても、残念ながらなかなか目に見えません。おカネのように、ひとつの数字になっていればわかりやすいのですが、あるんだかないんだか、よく分からないのが網の目というものです。

そこで、提案です。この網の目を目に見えるものにしましょう。そして、その網の目の中に、自分の居場所をしっかりとつくっていきましょう。


(1) お互いさまの助けあいを実行しその内容を記録していく手段
(2) その関係の中に、自分がしっかりと存在していることの確認手段
(3) お互いさまの関係を「見える化マップ」にする手段
(4) 助けあいをするときに役立つ、次のことを知る手段
・どこにどんなニーズがあるか
・どこにどんな人材があるのか
・どこにどんな設備、手段があるのか


このようなことを、ケータイからも使えて簡単に、おもしろく、遊び感覚も入れて、地域通貨のような、ボランティア通貨のような、「TAP(タップ)」を使うことで、実現しましょう。詳しくは、ホームページをご覧ください。。

TAP(タップ)… インターネット上で、個人個人が発行する、たすけあいネットポイント
T… 助けあい A… 網の目 P… ポイント



(グループファーム協力会は、子どもたちの支援団体です。子どもたちが元気になるためには、地域が元気で、希望に満ちていなければ、ということで、まちづくり、仲間づくりにご奉仕します。)


NPO法人・グループファーム協力会 http://g-farm.net/ office◎g-farm.net




Bノート、テスト利用のご案内

拙速ですが、バグがあると思うまま、テスト利用を
公開しました。


以下のようなご案内を、載せました。
http://aaru.jp/_helpbnote/
Bノートの例は… http://aaru.jp/g-farm/bnote/
―――――――――――――――
個人通貨、地域通貨の交換、記帳を簡単に
Bnote Bノート ベータ版

ご自分の独自の地域(グループ)で試してみたい方への、ご案内。

(特徴)

・個人通貨、地域通貨の交換と記帳と閲覧をサポートします。

・地域の仲間うちの、長期的な交換のバランスが目に見えるようになります。

・ケータイからも、簡単に記入できます。ケータイ写真なども簡単に貼り込めます。

(始めるには)

・ご自分のユーザーIDと地域IDを仮登録してください。それぞれにパスワードが必要です。それと、メールアドレスがひとつ必要です。 → 仮登録 http://aaru.jp/u_touroku.html

・(ここでつくった地域(グループ)に所属するメンバーの追加、除外は、ご自分の権限となります)

・仮登録をすると、ご自分のユーザページ、地域ページができます。しかし、まだ書き込むことはできません。

・テスト利用登録をするには、ご登録のメールアドレスから、メールで「テスト利用しますよ」といった内容の簡単なメッセージを送ってください。(d-post(アットマーク)aaru.jp 宛に。件名は必要ありません。)

・そのメッセージは、「Bノートの管理人さんカフェ(http://aaru.jp/23/)」というページに掲載されます。そのメッセージを見て、担当者がある操作をおこなうと、仮登録がテスト利用登録になり、普通に書き込みができるようになります。数日間お待ちいただくかも知れませんが、よろしくお願いします。


その後は、Bノートの管理人さんが集まるカフェのページで、気軽に情報交換できることを期待しています。よろしくお願いします。


提供 NPO・グループファーム協力会


アジア的な調和と平和の世界


個人通貨のことを考えていて、ふと思ったのは、アジア的混沌の調和ある平和な世界こそ、個人通貨の世界ではないかということ。

一人ひとりの人間は、巨大な力に支配されるバラバラで堅い砂粒ではなく、まわりと調和し解け合う、波のような存在なのではないか。アジア的混沌というのは、その波と波とが重なり合い、不思議な調和と安定をもたらしている世界なのではないか、などと思う。

波の重なり合いの中に浸りながら、ゆったりと生きていく快楽、そんなことも思う。砂粒同志が、お互いに競争しながら、角突き合わす、そんな世界は、一体いつから始まったのだ。

ディジタルとアナログ、粒子と波動、西洋と東洋、… そんな風にならべてみると、個人通貨のイメージが見えてくる。

この波動の世界を記述するのが、量子力学。そして、波動的な通貨を記述するのが、Bノート。なんてね。

個人通貨のおもしろさを、みんなも、考えてくれないかな。そして、新しい世界観で世界を思い描くことを、みなで始めないかな。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。